Facebook Twitter

【風景印お便り】3.4.5 連番日付風景印

2021.04.07
Pocket

令和3年3月3日はゾロ目日で特別な日だったので、今年はちょっと頑張りまして、全国のおひなさま風景印を集めましたが、

↓こちらで紹介しております。
【郵便イベント】令和3年3月3日、ひな祭り風景印を集めてみたよ

その時一緒に、風景印ペンパルや私の郵便グッズを購入してくださるお客様にも、おひなさま風景印ハガキでお便りを出しました。
そのお礼にと、令和3年4月5日、「3.4.5」の連番日付でお便りをくださった方がいました。
Oさん、Mちゃん、いつもありがとう!

神奈川県横浜市 
新横浜駅前郵便局風景印

神奈川県横浜市 新横浜駅前郵便局風景印
  • 意匠:横浜国際総合競技場、バラ、カモメ
1.横浜国際総合競技場

横浜国際総合競技場、通称「日産スタジアム」
ラグビーW杯やサッカー日本代表戦など、日本中が注目するスポーツイベントがよく開催されるので、テレビで見たり足を運んだことがある方も多いと思います。
横浜F・マリノスの本拠地でもあります。

2.バラとカモメ

バラの花は横浜市の花、カモメは海の街横浜を象徴するような存在です。海辺の公園などでよくみかけます。
また外枠が楕円であることは、デザイン上のことで特に理由はないそうです。

送ってくれたOさんは風景印歴が長く(お若いんですがね…)、ベテランならではの「ひねり」や「意味」を必ず入れてきます。
今回はなぜ「新横浜駅前郵便局」なのか。
答えが書いてある裏面を見るまでしばらく考えましたが、一向に分かりません。

なんとなく「サン、ヨン、ゴ」と語感が近い「新横浜(シン、ヨコ、ハマ)」にて押印してもらいました。

「分かるかーい!!!!」と、乱暴にハガキを放り投げ…たりはしません。
次は解いてみせるぞ。

改印初日印宮城県角田市 
桜郵便局風景印

宮城県角田市 桜郵便局風景印

貴重な初日印でありました。これまで円形だった外枠を、桜の変形型に変更されたそうです。
わざわざ郵頼してくれたのね、Mちゃん本当にありがとう!

目にした瞬間、「なんて美しい印だろう」と見入ってしまいました。
桜型の変形印の中に、桜が咲き誇る風景。郵便局名も「桜」。
通常の63円切手は桜の絵なので、すべて桜づくしです。

描かれているのは、この郵便局から200mほどのところにある「諏訪神社」の風景でした。
古くから続く由緒ある神社のようで、社殿と石鳥居が配置され、印の中いっぱいに描かれた桜で華やかな情景です。

ところが調べてみると、神社内にはどうも桜はあまり見受けられません。
しかも郵便局がある地名も「桜」ではなく「佐倉町」なのです。
なぜ桜にこだわるのか? さらに調べてみると、この地は昭和29年まで「桜村」という村だったことが分かりました。
郵便局だけでなく、近くの小学校も「角田私立桜小」という名前です。
このように古くから続く地名を大切にすることはとても素敵だし、またその事実を風景印に忍ばせたアイデアも素晴らしいと感嘆しました。

Otegamiフリマ復活とのことで、お会いできたら嬉しいです。楽しみにしています。

去年はコロナでみんな大変で、今年もまだもう少し落ち着きそうにないけれど、少しでも交流の機会が増える1年になったら良いなと思います。
それに会えない時でも、こうして直筆のお手紙をもらうと、その人の体温を感じることができて「頑張ろう!」って力がわいてくるんですよね。

今年は例年以上に、風景印ハガキを積極的に出そうかな。
私がそうしてもらっているように、誰かを元気づけてくれるかも(^-^)