Facebook Twitter

【風景印お便り】岩手県遠野郵便局からカッパづくし

2021.03.10
Pocket

お友達のNさんから、お便りをいただきました。
Nさんはあこがれのイラストレーターで、かつ郵趣の大先輩!
人気の郵便イベントOtegamiフリマでは「カピバラ舎」でおなじみです。
彼女のイラストが描かれた切手やポストカードは、とても人気があります。

岩手県遠野市 遠野郵便局風景印

まずはNさんのかわいいイラストと、風景印のコラボをお楽しみください♪
今年の2月22日、ゾロ目日に記念押印したカードを分けてくださったもよう(表面に今回の郵送用押印があったので、これは「ポストカードの絵柄」として楽しむパターンです)。

キュウリの切手があればよかったのですが、手持ちにピーマンしかありませんでした。

最大限サービスに努めようとする、郵趣人のこういった心意気が私は大好きです。
Nさん、ありがとうー!

岩手県遠野市 遠野郵便局風景印

岩手県遠野市 遠野郵便局風景印

こちらの風景印は、カッパが遠野の風景を抱っこしている、とてもかわいらしい絵柄です。
2020年3月2日に改印され、デザインが新しくなりました。
その経緯が現地のケーブルテレビ「遠野テレビ」さんのサイトに掲載されていたので、以下引用させていただきます。

このデザインは、遠野の高校生のアイデアが元となっています。遠野郵便局では、新しい風景印を作るにあたって、未来を担う子どもたちからアイデアを募集しようと、去年10月、遠野らしいカッパをモチーフにしたデザインを市内全ての中学校・高校の生徒に依頼したということです。その結果、45点の応募があり、遠野高校2年の兼平里彩さんのデザインが最優秀賞に選ばれました。
なんと、地元高校生の作品でした!
構図・アイデア・絵柄とセンス抜群! 将来はデザイナーでしょうか?
一方で、若くして風景印デザインを担当されるとは、なんとも羨ましい限りです。

1.カッパについて

遠野といえば、まっさきに頭に浮かぶのが「カッパ伝説」です。
土淵町の常堅寺裏を流れる小川の淵(通称カッパ渕)にはカッパが多く住んでいて、人々を驚かし、いたずらをしたといわれています。
カッパ神をまつった小さな祠もあり、よくお乳が出るよう願かけすると叶うとか。

2.めがね橋

中に描かれているめがね橋は、JR釜石線が通るアーチ型の陸橋です。宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」のモチーフになったとか。 ライトアップされる時期は、地元の人はもちろん、たくさんの鉄道ファンがおとずれます。

カッパが住みたくなるほど水が美しく、宮沢賢治が物語を生み出すほど幻想的な情景が広がる遠野市。
またひとつ、訪れたい場所が増えました。

    

ふと、「以前カッパという名がついた風景印を、他にももらったような…」と、ぼんやりした記憶がよみがえりました。
風景印アルバムをめくり、見つけたお便りがこちらです。ついでにご紹介。

青森県青森市 
青森合浦(あおもりがっぽ)郵便局風景印

青森県青森市 青森合浦(あおもりがっぽ)郵便局風景印

ええ、ええ、お察しのとおりです。「かっぱ」と「がっぽ」を間違えました。
こんな着地、自分でもビックリですよ。。。
海の近くにある海浜公園で、桜や松がたくさん植えられているそうです。
純粋にその情景を描いた風景印ということですね。

こちらは平成29年に、青森県のOさんが送ってくださいました。
しばらくお会いしていませんが、お元気でいらっしゃるかな?

そろそろキュウリの美味しい季節です。
中華クラゲとキュウリの和え物に想いをはせながら、本日はこれで終わります。