Facebook Twitter

【風景印旅レポート】ちち〜ぶぷいぷい♪埼玉県秩父編

2019.05.28
Pocket

友人と秩父へ出かけました。めったに乗ることがない西武線。何も調べずテキトーに駅に行ったのに、土屋太鳳ちゃんのCMでおなじみの新型特急Laview号に当たりました!持ってます、私(ドヤ)。

西武鉄道特急Laview号

すごい…!完全に未来特急です。膝あたりまで広がる大きな窓、オシャレ座席(枕付き)、通路なんてまるでショールーム。 トイレの中もすばらしい(写真撮影は控えました)。車椅子の方も入れる造りで、電車のトイレとしては異例の広さ。2人寝られるくらいのスペースがありました(寝るのは控えました)。

西武鉄道特急Laview号

久しぶりに「ひたすら集印旅」をしてきました。自転車をレンタルして、合計10kmくらい走ったと思います。 昨日までの真夏日は影を潜め、曇りがちな涼しい日だったので助かりました。

これは駅前の観光案内でもらった地図です。黄色ラインの9局をもらいました。

秩父の地図

秩父はほぼ全局、風景印あるみたいですよ。数を集めたい時にはビッタリの場所ですね。

秩父市の風景印には、秩父の総社、秩父神社の例大祭である「秩父夜祭」関連の絵柄が多く採用されています。京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭」に数えられる大きなお祭りです。

例大祭に牽引される笠鉾・屋台は6基あり(笠鉾2、屋台4)、それぞれの重さは1t以上! 屋台ばやしに合わせて約200人の曳き子によって進み動き、夜には無数のボンボリが取り付けられ、その華麗さは闇夜に一段と映えるとのこと。所有者は秩父市内それぞれの町の会となっており、どうやら風景印には最寄りの町の屋台が描かれているようです。

各屋台については、以下のサイトに詳細が載っています。

● 秩父市HP「秩父祭屋台」
http://www.city.chichibu.lg.jp/4287.html
● 秩父まつり会館HP
http://www.chichibu-matsuri.jp/yomatsuri/


「秩父夜祭」ともう一つ、「秩父礼所」に因んだ意匠も多く登場します。秩父観音札所は34カ所あり、どこも静かな山村や民家の間に点在する、ささやかで素朴なお寺だそうです。礼所めぐりも風景印と同じくらい楽しそう!

秩父礼所については、以下のサイトに詳細が載っています。

● 秩父観光協会HP
http://www.chichibuji.gr.jp/spot/spot-syousai04/


それでは以下、集印したものです。

秩父野坂郵便局風景印
秩父野坂郵便局風景印。秩父夜祭の屋台、仕掛け花火、西武鉄道の電車。

秩父野坂郵便局の風景印は、西武鉄道電車を真ん中に配した特徴ある構図。POPなイラストタッチの絵柄が可愛らしくていいですね。小さな子や電車好きな人へのお手紙に押印して送ったら喜ばれそう!

秩父上町郵便局風景印
秩父上町郵便局風景印。上町屋台と秩父夜祭の花火。

「上町屋台」は4基の屋台のうち、大きさが最大。軒の出が多く、屋台彫刻の逸品だとか。風景印の絵は、線で表現された夜空の描き方に特徴があります。

秩父中村郵便局風景印
秩父中村郵便局風景印。長尾根丘陵と中近笠鉾に、礼所16番のシダレザクラ。

「長尾根丘陵」とは、秩父ミューズパーク(市営の自然林公園)の最高地点のことだそうです。印上部に描かれているように、山の尾根に見えるのでしょう。「中近笠鉾」ですが、印右側に描かれたとおり、現在は屋台の形になっているそうです。というのも、大正3年に笠鉾の順路に電線が架設されたため、笠鉾本来の姿での曳行はできなってしまったのだとか。左側のシダレザクラは、秩父礼所16番目「無量山 西光寺(むりょうさん さいこうじ)」にあります。

秩父宮ノ側郵便局風景印
秩父宮ノ側郵便局風景印。秩父公園橋(ハープ橋)と宮側町屋台。

秩父公園橋(ハープ橋)」。渡らなかったけど、サイクリング中に見えました。ものすごく大きな斜張橋です。ここを渡れば秩父アミューズパークへ一直線。車で来たらぜひ渡ってみたいです。左に描かれている屋台は「宮側町屋台」といって、秩父祭ではなく川瀬祭に登場するもの。8基あるうちの1基です。

川瀬祭の屋台については、以下のサイトに詳細が載っています

● 秩父市HP「川瀬祭屋台」
http://www.city.chichibu.lg.jp/4323.html

秩父郵便局風景印
秩父郵便局風景印。秩父祭の屋台に貴船菊を描き、秩父神社と武甲山。

秩父郵便局は市の中心部にある、一番大きな郵便局です。この局の風景印に、地域を代表する「秩父神社」が入っているのは納得のいくところ。左側は秩父夜祭の様子です。右側に可愛らしくあしらわれた貴船菊(キブネギク。秋明菊のこと)は、秋に秩父周辺地域で見られる季節の花。「武甲山」は秩父盆地南側にある標高1304メートルの山で、秩父神社の神奈備山(地域の神が宿るとされる) だそうです。日本二百名山の一つでもあります。

秩父中宮地郵便局
秩父中宮地郵便局。秩父夜祭の宮地屋台、礼所、武甲山。

「宮地屋台」は秩父屋台のうち最古のもので、装飾彫刻は屋型とよく均整を保ち、秩父屋台の中で最も端正な姿をとどめているとされています。風景印、線が細かくてとても美しいですね〜(惚)

秩父大野原郵便局風景印
秩父大野原郵便局風景印。イチョウの葉を外枠とし、和同開珎、秩父夜祭屋台、武甲山を中に。

イチョウの葉が外枠のめずらしい変形印です。秩父市の木は左に描かれている「カエデ」だそうですが、秩父ミューズパークには素晴らしいイチョウ並木もあるそうで、外枠ならイチョウのほうが採用しやすかったのかもしれませんね。

中央部には「和同開珎」と書かれた像が見受けられますが、これは秩父大野原郵便局から2kmほど離れたところにある「和銅遺跡」のモニュメントです。言わずと知れた日本最初の貨幣である和同開珎は、武蔵国秩父郡の銅で作られました。その「和銅」を採掘した跡一帯を「和銅遺跡」と呼んでいるそうです。金運アップのパワースポットだそうですよ。ここはいつか、ぜひ深ボリしてみたい!

風景印に描かれたモニュメントの素晴らしい写真が、フォトさいたま様のHPに掲載されているので、ぜひご覧ください。

↓フォトさいたま様HP「和同開珎モニュメント」
https://www.photo-saitama.jp/geography/nihon-tsuuka.html

秩父高篠郵便局風景印
秩父高篠郵便局風景印。山田の春祭りの傘鉾、礼所4番金昌寺観音堂の慈母観音。

秩父高篠郵便局から300mほどのところに「桓持神社」という場所があります。左に描かれた大棚笠鉾は、そこの例大祭「山田の春祭り」で登場するもの。秩父路に春を告げる祭りにふさわしく、大変華やかな装いだそうです。右に描かれた「金昌寺観音堂」は、秩父礼所4番目のお寺です。

絵柄にある「大棚笠鉾」「慈母観音像」の素晴らしい写真が、フォトさいたま様のHPに掲載されているので、ぜひご覧ください。

↓「山田の春祭り 大棚笠鉾」
https://www.photo-saitama.jp/seasons/march/20180311.html
↓「慈母観音像」
https://www.photo-saitama.jp/temple/chichibu/chichibu-04.html

横瀬郵便局風景印
横瀬郵便局風景印。武甲山、モミジ、カワセミ、チチブイワザクラ。

この日最後におとずれたのが横瀬郵便局です。ここは秩父市隣の横瀬町になりますが、近いのでついでに足をのばしました。町の鳥カワセミ、町の木モミジ、町の花チチブイワザクラが美しく配されている見事なデザインです。上の武甲山も、その雄大さが伝わってきますね。

1日中自転車をこいでいたので疲れはもちろんありますが、やっぱり自然の中でのサイクリングは気持ちいいです。後半は秩父の中心地をはなれ、子供時代にもどって緑や川が続く道をひたすら走りました。楽しかった!

最後にオススメのお店情報をひとつ。「ジェラート&カフェSun Dolce(サン・ドルチェ)」のジェラートはとても美味しいです。迷った!唸った!もう少し若ければおかわりした! リピーター確定しました。外観や店内のインテリアもステキです。

秩父市サンドルチェ
秩父市サンドルチェ
秩父市サンドルチェのジェラート

お店は秩父神社のすぐそばです。お店情報載せておきますね。

【ジェラート&カフェSun Dolce(サン・ドルチェ)】
〒368-0041 埼玉県秩父市番場町4-8
定休日:水曜日、第三木曜日
営業時間:10:00~19:00
FB:https://www.facebook.com/SUN-DOLCE-496907943803572/

秩父神社
秩父神社

秩父の神様にもごあいさつを。秩父郵便局の風景印に描かれていた神社です。ユネスコ無形文化遺産に登録されているだけあって、とても美しい場所でした。秩父の楽しい集印旅をありがとうございました。また来ますね。

今度は温泉入って、ぜひ1泊したいですー。